2018年04月07日

こんな感じです。

848a81052a2f71b4-photo.jpeg

わかります?奥に偉いさん方がおり、手前の立っている部分が今年の新入隊員の人たちです。私らは入り口の方にいましたので、最初に侵入隊員の方がどこに座っているかもわかりませんでした。

ちなみに女性隊員の後ろ姿です(決してやましくありませんので、、、、)
340b8af820808b43-photo.jpeg

何枚かは撮影をしたのですが、この二枚にします。場所が場所だけに、何を言われるかがわかりませんので。。。

今日はこれで終わります。もう少し親としての記事を書きたいので、明日もう一度、おつきあいしてください。
では、お疲れ様でした。


人気ブログランキング
posted by カメ吉 at 23:01| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記&生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一安心しました。

今日の午前8時に家を出て、大津市にあります陸上自衛隊の入隊式に行ってきました。

 親ながら心配はしていたのですが、長男坊の元気な姿を見てホッとしました。忘れもしません。3月31日に私ら家族の元を離れ、見ず知らずの土地に出向き、今日で8日。私が長男坊の顔を見たときは出勤前の短い時間。もう彼が家(大阪を離れるときは仕事中なので会えず)をでてようやく今日久しぶり会えました。

 真新しい制服を着(次男坊も長男坊のお下がりの高校の制服を着て今日一緒に行きました)二人ともまだまだ制服が似合わない部分でもありますが、、、、私が思っていた以上に元気でしたので、なんとも言えない気持ちになりました。

 今日はたくさんの親御さん方が自分の子供たちの入隊式に出席をしていました(どの親御さんも気持ちは同じだと思います)

 私は今日このような国としての行事を初めて見たわけですが、やはりそこで感じるのはこの18~25歳までいらっしゃるであろう今日の新入隊員の方々、なにか?心の中に不安を感じました。それは時代は違いますが、当時の若かった頃のなき父親、相方の祖父とも日本軍に入って、軍としての教育を受けて戦争中に行かされたわけです。

 一歩間違えば背中に背負っているのは
 
 今日、明日もしかしたら?という危険合わせな日々を毎日過ごして戦時中は必死になって生きていたはずです。その部分を入隊をした若い方々の今日という日を見ていたらそれが何か?心の中になんとも言えない気持ちになりました(その気持ちの中には親からもらった命を大切にしてもらいたいのと、何度も書きますが戦争が起きない平和な日々がまいにち続くようにとも思いました。

次にね。
posted by カメ吉 at 22:38| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記&生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

だから、、、

土俵に上がったんですよ。わかります?相撲協会の方。それをアナウンスした方。

どの世界もそうですが、固定観念は良くない。時代は変わってきている。
  
 それになぜ???土俵に女性が上がってはいけないのか?その理由を知らない方のために、今一度、世間伝えるべき。でないと、いつまで女性が土俵に上がってはいけないというのをこればかり主張するのか?理由を言わなければ、ただ単にこればかり主張したところで誰も理解はしれくれないですよ。

 それを踏まえたうえで、臨機応変に対応すべき。でないとこれから永いスパンで日本が繁栄しようとするならば
間違ったことがどんどん起きていくと思います。でもね、私も書物を色々と読んでいくうちに思うのですが、これからの日本はこのようなことなくなっていくのではないか?とも思います。それは少子化によってそのようなことを言ってられないようになっていくのではないか?だって日本人自体が減ってくればどの世界の伝統も廃れていくのは間違いないでしょうね。

 でも、今回のこの件に関してはあまりにも頭の中の固定観念が優先をしてしまい、いずれは起きるであろうという部分が発生をしてしまったと思います。ダメですね。。。。

話は変わりますが、、私は今日は長男坊の陸上自衛隊の入隊式に出かけます。また、後でね。


人気ブログランキング
posted by カメ吉 at 07:22| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記&生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

う〜〜〜ん、、、、

なんども言いますが、ユングの法則あるのでしょう。

 おはようございます!今の天候は☔️も降らず曇ってはいますが(多少の風は吹いています)それほど悪い天候ではなさそうですね。ただ、今週の気温とは違いちょっと肌寒いかもしれません。体調を崩さぬように気をつけてください。

 さて、大いに揺れ動いています相撲協会。またもや間違った判断が出てしまいました。
 皆さんもご存知の通りです。京都府舞鶴市で行われた春巡業で挨拶中に市長が倒れました(原因はくも膜下出血です)で、その際に女性の救急隊員が急遽、市長を助けに行きました(土俵に)その際に何を血迷ったか???その助けに行った女性に対して「土俵から降りてください」と、、、、

 人一人が急に倒れて生死をさまよっており、一刻も時間の猶予もない状況でバカな発言をしていまいした。皆さんも土俵には女性は上がっては行けなくことくらいは一応知っておられるとは思いますが(大体、女人禁制というのはそこの神様が女性というのがあり、そこに女性がくると女性の神様が嫉妬をするというのがありますが、外国のどこかの火山もそうですもんね。それ以外にも様々な理由もあるかもしれませんが)

 いちおう、ネットで調べてみたところ、土俵は女の神様?とか書いていましたが、、、真意は私にはわかりませんが、、それはそれとして、、、話を進めます。

 では、なぜそこまで女性を土俵に上げるのを拒むのか?もうそれは、昔ながらの固定観念としか言いようがないでしょうね。いわゆる「こうだから、こうしなければならない」という固定観念。土俵は昔から女性が上がっては行けない。というのか相撲に携わっている方の頭の中にこびりついているのでしょう。それが仇となって今回のことになったのだと思います。

 けど、これって大方の方ならわかっているでしょう。今回のこの救助に行かれた女性の方も「土俵に上がってもいいですか?」と言っているので鼻から承知しているわけです。そう!それでも土俵に上がったのは人の命がかかっているからです。目の前に倒れている人を助けなければならないからです。

次に続きます。




posted by カメ吉 at 07:09| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記&生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする