2018年05月12日

納得いかなというても、、、

ネェ〜〜〜ですわ。。。。😱

私も逆走なんですが見たんですよ。一つ目は万博外周を逆走をして(ここは完全なる一方通行ですから)私も気づいたのですぐにその逆走している車に合図しました(女性が運転、全く気づいていませんでした)

 もう一つは、大津駐屯地からの帰りです。ご存知の方はいらっしゃると思いますが、JR大津京の駅をすぎると名神高速道路に向かってのバイパス?でしょうか?道路がありますよね。そこでの出来事です。

 私の前に一台の軽自動車が走っていたのですが、その軽自動車の速度があまりにも遅く、それに左ウインカーを出しており「なんでこんなトロトロはしってんの?それに、こんな場所でウインカーださんやろ?」と相方と言いながらその車の後ろに付いていたのです。でも、あまりにも周囲の車との速度差がありすぎ、これはちょっとまずいな?と思ったので、クラクションを鳴らしたのです。

 そうすると???こともあろうか、左に車を寄せ、そこで停車をし(私らはその側を通過したところでバックミラー越しに見ていたのですが、、、、)やっぱりか、、、、予測していた通り、、右にウインカーを出し、Uターンをし始めました。まずい!!!と思ったのですが、車のナンバーも覚えていませんし、私らもここで止まるわけには行きませんので、そのまま走行をしたのですが、、、、

 運転手はじいちゃんです。本当にじいちゃんです。「こんな人に運転させたらあかんで、、、」というくらいの年齢です。その後の出来事は私は知りません。どうなったかは、、、

 でもね、免許のあり方考え直した方がええんと違いますか?更新の時もそうですが、流れ作業みたいにしていますし、もっと運転をさせたらあかん人をよく調べていかないと、もっともっと増えますよ。年寄りならず若い人も逆走をわかっていてわざとする人いるんですから。今の車にはナビにも逆走の警告がありますが、古い車にはナビなんぞ無いですし、無論、運転している本人が逆走自体をわかっていないと、これからもマスマス増えますよ。

 今回の名神高速道路で発生をした逆走ですが、どのような理由で逆走をしたのかわかりませんが、やはりそこはきちんとした原因を調べて逆走をしないあり方を作っていかないと、こればかりは今現在では車側ではどうしようもない部分でしょう。やはり、道路に逆走禁止、ナビにも逆走注意としてもしないよりはましですが、もっと違うやり方をしていかないと防ぎようがないと思いますが、、、

皆さんはどうおもいますか?逆走について、、


人気ブログランキング
posted by カメ吉 at 22:01| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記&生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

毎度のことながら、、、、

今日まで仕事の方お疲れ様でした!!!

 私もようやく終わり、そして、相方と買い物の買い出しに行き、ようやく家に帰ってこのようにしてブログを書いているわけですが、、、、
今朝は久しぶりに気温も冷え、朝のジョギング、歩く運動にはちょっとだけね💕肌寒かったと思います。でも、体を動かしていると温まってくるから、意外とこのくらいの気温の方がいいかもしれません。

さて、昨日のブログで書きましたが、車の高速道路などへの逆走、なんとしないとダメですよね。でもね、確かに年寄りの逆走が目立ってはいますが、、一般道でも多いですよ。特に一般道路の逆走。私は一ヶ月に何回かは見ますが、

⑴こちらから一方通行を指摘して初めてわかる人(これは一歩通行の標識が全く見えていないのでしょう)
⑵一方通行を指摘をしても無視をしてそのまま通行をする人(タチが悪い😡)
⑶わざとわかっていて通行をする人(これがモットもタチが悪い😡😡😡)

結構、若い方などが多い(わざと、逆走をしているとしか思えません)どう思いますか????
 
 結局、一般道であろうが、高速道路でもあろうが、やっていることはタチが悪く、完全なルール無視!事故が発生をしなければ何も問題はありません。前からこのような車が走行をしてくると避けなければなりません。一般道で相手車両を避けて、その避けた車が建物に衝突をしたり、歩行者に当たったりして怪我などをしたらどうするのですが???これって避けて当たった方が過失を取られますよね?(逆走をしてきた車が何事もなかった場合として、、、)

そんなんアリ?アリなんです。日本の道交法では結局、当たった方がワルイに決まってますから。確かに一方通行を逆走をした車が悪いですよ。でも、あくまでも相手方を怪我などをさせた方が悪くなりますから、納得いかない話ですよ。


ブログの途中ですが、今から晩飯なので、一時中断をします。
posted by カメ吉 at 20:17| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記&生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする