2018年06月13日

やっぱりね。。。。

結局、いくら同盟国といえども拉致問題は別なんですよ。わかっていたことです。

 首相は「感謝」と新聞には書いていますが、当のトランプ大統領曰く「これから彼ら(日本)が取り組む問題になる」と。ほらね。だってよその国の内部のことでしょ?拉致問題を真剣に捉えているとは考えにくい。

 確かに話はしますよね。そう安倍首相がトランプ大統領に対してそのように言ったらトランプ大統領は「わかった、話はする」って言いますよ。でも、それは話をするだけだと思います。いくら話をしたところで、実際にさらわれているのは日本の方。解決をしていくのも実際はさらわれている日本と、北朝鮮の問題。だから、「日本が取り組む問題になる」と言ったのだと思います。

 なので、私個人的にはこれ以上はアメリカ側としてもあまり動かないような気がします。どう思っているかは分かりませんが、今現在このようにして両国のトップ同士が話し合いをして、(これからどうなるかが分かりませんが)前向きにすすむか?後退するか?になると思う最初のスタートで何を言っても一番の部分はまず非核化でしょう。だから、あまり拉致問題を取り上げたくはないのでは?そのような気がします。

 だからね。いくら同盟国と言ってもこれはこれ、それはそれです。もっと早くに日本独自の路線で解決をしなければならなかったはずですよ。だから、「もう解決している」と言われるんですよ。私は政治家ではないですが、本当に弱腰ですね。外国に対して。

金を援助なりしているのならもっと強気で話さなければダメですよ。

なんせ、日本人全体に言えますが、物事をはっきりと突き詰めない(いわゆる事なかれ主義)があるからこんなことになるんですよ。拉致問題にしろ。加計、森友問題。。。。
 
グレーゾーンはあってもかまわない。けど、本当に解決をしなければならない問題はチキンとしないと本当に日本という国は沈みます。

 やるべきことは何があってもやる!わかりますよね?それくらい真剣にしないとこの問題、永遠に解決をしないと思います。これだけ拉致被害者のことを家族さんから言われているのに今だに及んで、、、です。
 
 今後とも解決はしないでしょう。私個人的は考えす。「そんなことないやろ?」っていう人いてるかもしれません。じゃあ、聞きますが、なんでこんなに年月がかかっているの?解決ができるならとうに解決をしていますよ。それが論より証拠でしょ。

もっと、世界に対してアピールするのなら、やるべきことはやるべきです!そうしないと拉致をされてしまった家族の方の気持ちを考えるとなんともいえません。

 皆さんも家族がよその国の人間んが堂々と日本国内に入ってきて、突然と拉致をされたらどう思いますか?ハラタツでしょ?政府に対して「なんとかしてくれっ!!」て思うでしょ?

なんともいえない気持ちになりますね。とにかく1日も早く、日本政府でこの問題、他国の力を借りずに解決をしてもらいたいです。

では、今日もお疲れ様でした。おやすみなさいです💤💤💤
posted by カメ吉 at 22:28| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記&生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする