2019年04月21日

それでも、今日いちばん感動をしたのは、、、、

駐屯地の陸佐(イチ番の偉いさん)が最初の時にヘリから降下をし、部隊(部下)の方に、述べていた思いがいちばん良かったですね。

 本当の戦争になればいくら性格の良い上官でも人間性が変わるかもしれません。それは今までの戦争が物語っているのも事実です。でも、それはそれとここではアッチの方において置いてとして、、、

まあ、でもあのような言葉を陸佐から直に聞くと、やはり男としてはこの人について行こう!と思っても不思議ではないと思います。
 
 私個人ならどうしたか?そうですね。なんとも言えません。正直、、、災害派遣はいくでしょう。でも、戦争となればやはり行きたくありませんね。

 人の殺し合いですから、、、、いやがなんでも相手に銃口を向けなければなりませんし、やらなければこちらがやられますから、、、それでも国家国民のために自分自身の命を捨ててでも、、、、ですから、、、切なすぎです。。。。

 今回は戦闘訓練展示と災害訓練展示がありました。災害派遣訓練展示?役所、消防署、病院と連携をして、地震などの災害が発生をした時に、いかに横の連携をし、スムーズにことを進めるか?ということに重点を置いているのでしょうね。

 今回の流れは災害現場にヘリを投入し現場を視察バイク部隊によるドローンの詳細の視察警護隊?(いわゆる白バイでした)による交通整理役所、消防、病院などの連携による救助。

 このような流れでした。常日頃訓練をしていれば、実際に、ことが発生をした時にはスムーズにいきますから、これはこれで重要だと思います、けど、、、本来の仕事は国防ですから、そこは勘違いをしてはいけませんね。で、その後に本来の仕事である戦闘訓練展示で終了です(この、戦闘訓練がホンマもんにならないことを祈るばかりです、、、、)

 今日は暑いさなか、本当に隊員の方は大変だったと思います。お疲れ様です、、、

私も思いっきり半袖を着て行ったので腕が日焼けまくり、、、、次に行くときは日焼け止め、紫外線対策をしないとダメだわ、、、、、

では、一週間が始まります。頑張りましょう!!!!


人気ブログランキング
posted by カメ吉 at 21:29| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記&生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本日は陸上自衛隊・信太山駐屯地の

62周年記念行事に午前中ですが、行ってきました。

朝の早くから、記念式典を見に来る方の行列、かなり並んでいました(マジです)

 午前8:30より駐屯地に入り、早速、一般席の方に行き閲覧式(駐屯地の各部隊、車両、地域の紹介〜自衛隊の駐屯地の陸佐(駐屯地のイチ番の偉いさん〜協力会、政治家の挨拶紹介など、、、、和太鼓の演奏、ラッパ演奏、災害展示、訓練展示で午前の部は終了!!!)をほぼ午前中に見にいきました。
 
 まあ、思うのですが、今日は非常にいい意味でのいい天気☀️悪い意味での強烈な陽射し!で見にきた方もとより、参加をしている陸自の方も大変だったと思います。あの軍靴、分厚い戦闘服、ヘルメットでは体に答えると思います。

 去年の伊丹千僧駐屯地でも思ったのですが、あの閲覧式の時間なんとかならないですか?正直に、今回も座ってじっくりとは聞いたのですが時間にして約1時間半くらいだと思います。音楽隊 普通科連隊、レンジャー部隊、新隊員、国旗を持っておられる方々、立ちっぱなしです。
嘘ではないですよ。あとの来賓の人は席で座っています。

これは誰も疑問に思わないのでしょうか?これ、誰だって気分的にしんどいはずですよ。

一言!!!「長いわ!!!祝辞!!!💢」現に新隊員の方は5人くらい熱中症でダウンうち一人は歩くのが困難らしく、担架で運ばれていました。(遠目に見てもわかりましたから)

 思ったんですが、駐屯地の陸佐、防衛大臣、地域の代表の方の挨拶だけのみにしてあとは割愛でいいのでは?前大阪府知事の女性の方が、大したこともしていないのに一つのことを自慢していましたが、「誰もそんなん聞いてへんわ!」

 それに、同じことになりますが、色々と政治家の祝辞、来賓の挨拶を述べたところで誰も聞いていないだろうし、時間の無駄でしょう。だから、熱中症で倒れる新隊員も出てくるはずですよ(ちなみに長男坊は平気だったそうです、私でもこれくらい長ければ貧血で倒れます)

 その辺りはいかにして簡素化をして、このような記念式典でイチ陸上自衛隊の駐屯地の組織が普段どのようなことを活動をしているか?ということをアピールすることを優先をしなければならないはずです。

posted by カメ吉 at 21:07| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記&生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月19日

私事になりますが、、、、

もう、早いもので長男坊が、陸上自衛隊に入隊をして一年が経過をしました。

 忘れもしません。平成30年に高校を3月に卒業をし、同月末に私が仕事の最中に(最終の金曜日です)電話で「行ってくるわ、、、😭」と言って入隊をして、前期、後期と研修が終わり(後期の配属先に行った時は、辞めたいとも言いましたが、、、)なんとか乗り切り一年が経過をしました。

 やはり、親として思うのは、入隊をして日本自体は戦争が起こらず、平和に毎日を無事に過ごせれたと言うのが1番の売れしい部分でもあります。
 たしか?「イチバァ〜〜〜ン」って言ったプロレスラーってハルクホーガンでしたっけ?うる覚え????ホヘ?ホヘ?ホヘ?余談です。

 こんなこと言ってはなんですが、家族が自衛隊に入隊をしている人はわかりづらいとは思いますが、いつ何時、有事ごとがあれば、国家国民の為に、危険を返り見ず行かなければなりません。そうなると、家族、親兄弟にとってはどれだけ辛い気持ちになるか、、、です。

 じゃあ、最初から入隊をしなければいいじゃん!と言う声も聞きます。ただ、そうなると、日本という国は誰が守ってくれるのでしょうか?
災害派遣も誰がしてくれるのか?


 教えていただきたい。誰が守るか?「私が、日本を守る為に自衛隊に入隊する!」という人もいても不思議ではありません。もちろん戦争はいけませんよ。人の殺し合いですから、、、勝ったも負けたもありません。戦争自体が犯罪です。

 ちょっと話は逸れましたが、家族共々同じような気持ちであるのは間違いありません。
どうぞ、このまま戦争のない平和な世の中が続くことを祈っています。各国々の軍隊に入隊をしている本人もとより、家族も戦争がない世界を祈っているはずです。

1年を経過をして、つくづく思う部分でもあります。

では、今日もお疲れ様でした。おやすみなさいませ。。。😪😪😪


人気ブログランキング
posted by カメ吉 at 22:21| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記&生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする