2019年09月17日

100歳の運転する車が、歩道を歩いた人に対して怪我させてしまった。

読まれた方もいらっしゃると思います。

ことの発端は、新潟市の中央区で起こった事故です。

 どのような事故かと申しますと、年齢が100歳にもなっている男の運転する車がというものです。じゃあ、何をしたの聞かれれば?運転中に歩道に乗り上げてしまい歩道を歩いていた男性(30代)に対して骨折をさせてしまった。という事故です。

 単純にですが、免許の更新は免許の種類にもよりますが、3~5年おきで更新時期がきます。

 ということはこの事故を起こした男性、免許の種類にもよりますが、95~97歳の時が直近の免許更新時期だったと思います。ここで一つ思うのは直近の免許の更新時期の時、なぜ、免許更新センターで更新を止めなかったのか?ということではないと思います。

 確かに警察の調べに対しても受け答えはハッキリとしているとは書いていますが、受け答えをハッキリしていても事故した事実には変わりはありません。

 動体視力の検査など多少の検査項目も何も問題なく通過?超高齢者と言っても差し支えがないこの年齢で、更新が普通にできたというのがどう考えても不思議ですね。いわゆる免許の更新の作業も流れ作業と言われても仕方ないでしょう。

 これだけ、高齢者の免許のあり方を問われている時代に幾ら何でもこれはダメでしょう。

 これも今回、歩行者に対して事故を起こしたという記事が発生をしましたが、この事故がなければこの高齢者まだまだ車を運転するつもりだったのでしょうね。これって免許を渡した方にも問題はないですか?幾ら何でも年齢を考えたらダメでしょう。免許を渡したら。どう考えてもダメ💢!!!

 今回はこれで済んだ様なものの、毎日運転をしている人でも、どれだけ運転に慎重になっている人でさえも、多少の接触などの事が起こります。

 ましてや、年齢を重ねていた高齢者なら運転に関することは多少なりとも劣ってきます。それを考えたら、免許を更新した時にする側も疑問に思わなければダメでしょう。

 この人がどの様な理由で、この年齢まで運転をしていたかは、記事に載っていないのでわかりませんが、これでまた、高齢者免許のあり方はヒートアップしてしまうでしょうね。

しかし、運転する方もどうかと思いますが、私には全くもって理解不能です。







posted by カメ吉 at 22:58| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記&生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月16日

暑さ寒さも彼岸までとは言いますが、語源はどこからきたのでしょうか?

こんにちは。

連休中の方も、連休でない方もお疲れ様です。私は昨日はちょっと早めのお彼岸の入りということで、実家の墓参りに行ってきました。

 いわゆるこの時期になるとよく見ます彼岸花です。言われは?知りません(また、調べます)私の実家の地域のお墓でも以前は結構咲いていたのですが、今回はまだそれほど咲いていませんでした。

 余談になりますが、この彼岸花、お墓の周りに咲いていると思っている方が多いとは思いますが、実は!普通の畑とかにも咲いていますので、何か?理由はあるのでしょう。

さて、じゃあ、なぜ、お彼岸というのでしょうか。

 皆さんはも生きていれば必ず死というものに遭遇します。これは絶対避けて通れません。いわゆう『あの世』の世界です。そう、人間死ぬと天国に行きたいと思うのは誰でも同じ事(極楽浄土)で、その天国に行きたいと思う事。そうらしいです。

 言葉で書くとややこしいかもしれません。

 本来の意味としては極楽浄土(西の方向にあるようです)私ら人間が住んでいる方向は(東)これがこの、秋のこの時期の太陽の登りが昼と夜の長さがほぼ同じになりこの二つが一番近くなるとして墓参りをするようになったらしい。どうも、お彼岸に墓参りをすることになった理由だそうです。

 おそらくですが、わたしもそうです。皆さん意味もわからずこの時期に墓参りをしていたと思います(多分、答えられる方はいらっしゃらないでしょう)最初にこの時期に墓参りをしてい方はわかっていたでしょう。

 だんだんとその意味の説明もなくなってきたか?説明するのが面倒になってきたのでしょう(おそらくですよ)で、だんだんとお彼岸の入りは墓参りをしなければならない。と思ってきたはずです。

 でも、理由はともあれ、お墓参りをして、ご先祖様に手を合わせるというのは悪いことではありませんので、私もそうでしたが、お盆にお墓参りをしておられない方は行かれて自分自身の報告などをして、供養をされれば喜びになるともいます。

ちなみに、お彼岸におはぎを食べるというのは?

ご先祖様の供養です(色々と諸説はあるようです)でも、一言で言えばこれではないでしょうか?


 古来仏教というのはインドから渡ってきたもの。それが日本に到来をすれば解釈多少違ってきて、神と仏教が入り混じってしまったのでしょう。それが論より証拠で、神頼みもしますし、何か?悪いことが身内などに起これば先祖様に墓参りをしたりしますよね。そういう国なんです。

それが、いいか悪いかは別にしても、ご先祖様を大切にする気持ちは忘れたくはないですね。




人気ブログランキング




posted by カメ吉 at 13:38| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記&生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月14日

今週は、週末に近づくにつれて色々あり、記事は更新できませんでした。

月曜日から土曜日まで仕事の方、お疲れ様です

表題に書いてある通り、週末に近づくにつれ、仕事上で色々とあり、かなり気分が落ち込んだ連休前でした😣
こんな感じ。

泣く, 涙, 落ち込む, 悲しむ, 悲しい, ショック, 男性, 男, スーツ

 ダメですねぇ〜〜〜。どれだけ気をつけていても人間ですから、(どうしてもキチンとして業務をこなしているんですけど)どこかで見落としなどがあり抜けるのでしょう。

 その要因としては思い当たる節は大いにあるのですが、そのようなことは言い訳に過ぎませんので、それは私自身が気をつけて業務をこなしていかなければ、そのうち大きく取り返しのつかないことになりますので、やはり、気を引き締めていかなければならないということを、大きく感じた週末に向けての仕事でした。

やはり、常に緊張感を持ってこれからも仕事に頑張っていこうと思います。

では、まずは、このくらいから始めます。


posted by カメ吉 at 17:27| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記&生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする