2020年09月10日

難しいですね。

と、言いますのも今朝の産経新聞に記載をしていました、少年犯罪の処罰化。

 簡単に書きますと、18歳〜19歳に関しての(実名報道もあり)罪を厳しくすると言うことです。この当初は18歳未満の年齢も適用になっていたようですが、それは今回は見送られたということです。

 そもそも、日本は少年の犯罪に対して罪の意識が甘すぎますよね。確かに将来有望な子供たちです。

 でも、それとこれとは別の問題。日本弁護士連合会も前者の年齢に関しての実名報道には反対。同じように社会復帰の妨げになるというものです。社会復帰の妨げになるというのであれば、最初から犯罪を侵さなければいいだけのことです(ただ、罪の大きさによるかもしれませんね。強盗殺人事件・放火殺人事件・殺人事件などの重大な事件)

 じゃあ、なぜ?実名報道をしなければならないのか?ということになってくると皆さんは理由はわかりますか?

 これは大人とて同じことだと思います。私の記憶で行きますと、一昔前なら悪いことをした人間は大衆の前でさらし者にされたはず。時代は変わっても同じでしょうし、理由はないのでは?つまり悪いことをすれば晒し者にされたということでは?知っている人がいれば教えて下さい。

 単純に重大な事件などを起こせば実名報道をし、他の少年たちに対しての見せしめになるということでいいのではないでしょうか?ただ、今の日本は犯罪に関しても低年齢しているので、そのあたりも厳しくしていかなければならないと思います。

 時代は流れているので大人たちの頭の中も変えていかないから、少年Aのような犯罪が発生し(当時14歳)逮捕されず、実名報道もされずに居るんですよ。これだけ犯罪が低年齢化しているので、法律も変えていかないと行けないでしょうね。

実名報道されたくなければ重大な事件を起こさなければいいだけのことです。そうおもいませんか?


posted by カメ吉 at 14:14| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記&生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする