2019年10月10日

備えあれば憂いなしとは言えません。台風の事です。

非常に、しかも、アメリカに来るような台風(ハリケーン)といっても差し支えないと思います。

この、金曜日から、土曜日にかけて日本の南側を通過をしますが、そうはいっても範囲が広いからかなりの被害が出そうな気がします(こんな事を言ってはダメなんですが)

何事も被害がなければいいのですが。

 でも、前にも書きましたが、本当に我々の人間の生活を180度変えていかないとこれからも、このような台風が発生をしていくと思います。

 台風が過ぎ去って、被害を受けた場所を直して、また、大きい台風がきてまた、直した場所が被害を受けてまた直す。同じ繰り返し。それに私の家の近所の方も去年の台風19号で屋根の瓦が被害を受け、未だに修理ができていません。そのような方も未だ未だ沢山おられると思います。

 そのような方のためにも、それに被害を受けていない方のためにも、本当に我々の生活を見直していかない時期に来ていると思います。このような台風を作っているのは誰か?何故このような台風ができるのか?と言う事を考えていかなければなりません。

 今はまだいいでしょう。日本の人口も減ってきてるとは言え、まだ、被害などを受けても何とか誰かしら助けてくれます。

 でも、これからの少子化の事を考えると各地域で災害が発生をし、ヘルプが出来ない状況にもなりかねないと思います。災害の頼りになる自衛隊とは言え、やはり駐屯地などが被害を受けてしまうと、いくら国民のためにとはいえ自分達の生活も確保をしていかなければ人を助ける指揮も上がらないと思います。

 そうなってくると、もう、みんながみんな自分たちの事で手がイッパイ、いっぱいになりそれどころではなくなってくると考えられます。それがこれからここうん十年に起こりうる事だと思います。そうならないためにも、今、温暖化を防ぐべきだと思います。他の地域が災害被害を受けそれをTVで見ていて「大変だね」とか言っている場合ではないのです。

皆さん本当にこれから我々が住む、地球の温暖化に目を背けず真剣に考えてみませんか?







posted by カメ吉 at 22:41| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記&生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。