2019年11月09日

昨日の続きを書かさせてもらいます。煽り運転の罰則について。

今日まで仕事の方お疲れ様でした。

💋

 で、本題に入ります。今、何かと話題になっており、そのためドライブレコーダーがカー用品店などでかなりの売り上げになっているのは皆様方におかれましても十分に承知だと思いますし、ご自身の所有をされています車にも装着をされていると思います(かくいう私はいまだに装着はしていませんが😞)

 さて、皆様方も経験があろうかと思います。煽られたり、煽ったりすることを・・・長いこと車の運転をしていれば少なからずともあるでしょう。
 その煽り運転にたいす処罰ですが、最悪の場合は免許取り消しになります(悪質な運転)

 ただね。煽っている本人の運転が全てが悪いのでしょうか?煽られる運転の仕方にも大いに問題があるかと思います。経験あるでしょう。

 皆さんが高速道路を走っていて走行車線で遅い車を追い越すために、一旦、追い越し車線に出て追い越そうとすれば、その前を走っている車の速度が80kmとか70kmで走っていてバックミラーに車が追いついてきても、しってか知らずかで後ろのからの追い越しをしようとしている車をそのままブロックというか、だらだら追い越し車線を走行をしている車。

 そうすることによって後ろから来た車が、前を走っている車に対して接近運転になりそれが煽り運転と思われる。しかも、それ以外に追い越し車線をいつまでも走行車線よろしく走っている車(これが大方おおいと思います)この2つが大まかに高速道路の追い越し車線が走行車線にみたいになっている原因。

 直近で私が経験をしたことですが、阪和度自動車道を走っていた時のことです。

 私もその高速道路で走行車線を走っていた時に前の車に追いついたのでその車を追い越すために追い越し車線に出て走っていたのですが、その前に一台の軽自動車が走っていたのです。

 そうしたらその軽自動車がこともあろうが、わたしの20~30m先でフラフラと追い越し車線に出て来たのです。その時のこちらの速度約90kmほど、間違いなく追いつきます。というか追いつきました。

次にね。
posted by カメ吉 at 21:22| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記&生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。