2019年11月09日

じゃあ、どうしたの?

と聞かれれば、私はじっと距離を離れて待ちました。

 でも、思ったんですよ。その運転者は間違いなく後ろはあまり気にせずに追い越し車線に出て来たか。それとも後続車を見ていなかったか?のどちらかだと思います。出なければ明からに後ろから来ている車を見ていれば普通は追い越し車線に直前に近い形に出てこないと思います。

 その後、その私の前を走っていたどうしたか。もちろんのこと追い越し車線をダラダラと走っていました。もちろん、そのような感じですので、私も痺れを切らし、走行車線が空いていたのでそのまま走行車線を走っていきましたが(ちなみにその軽自動車後に何台かに後ろにつかれていたのでわかったのでしょう、走行車線に戻りましたが、後についていた車を運転をしていたドライバーもイライラ💢していたともいます)

 このようなドライバーがいるから結局、追い越し車線を走っている車に後ろからつかれるため、煽り運転と言われるのでしょう。
(ちなみに相方もこの軽自動車に対しては腹を立てていました、ドライバーは年配の女性の運転)

 そうなってくるとワザと追い越し車線をチンタラ走る車も出てくると思います。そうなってくると一種の嫌がらせになりやしませんか?このような場合でもあおる運転は悪いですが、煽られる運転をする方には問題がないのでしょうか?

 原因があるから結果がある。どのような事でもありうる事です。誰でも追い越しのための車線を追い越すために走っていると思います(でも、実際は走行車線と勘違いをする走り方をしています)それを、ブロックするような走り方をして、煽られた!というのはちょっと違うのではないでしょうか?

 何度も書きますが、追い越す側が追い抜くために追い越し車線に一時的に出て、尚且つ、自身の前の車が譲ってくれずダラダラと走っており、それでも、煽られたというのであれば煽られた車が追い越し車線を走っているのを警察に提供すればいいと思います。追い越し車線をいつまでも走行をするのは道路交通法違反になりますから。

 それもそうですが、もう少し追い越し・走行車線の制限速度を上げた方がいいのでは?その方がこのような煽り運転も少なくなると思いますが。

 しかも、走行車線の速度が遅いから追い越し車線に出てそのまま走行をするというパターンが多いはずです。
走行車線  ➡︎100km
追い越し車線➡︎120kmしてみては?その方が速度も上がるし、危険度が増すから運転する側も速度をきちんと守るかもしれませんよ。

それともドイツのようにもっと運転マナーが良くなればいいのですが、それを今の日本人に求めるのは土台無理ですね。

皆さんはどう思いますか?本当に煽る方が全てが悪いと思いますか?長くなりましたが読んでいただきありがとうございます。









posted by カメ吉 at 21:55| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記&生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。