2020年09月27日

脱ガソリン車になるのでしょうか?

おはようございます。

 今朝の産経新聞の朝刊にも記事として記載をしていますし、車好きの方ならいずれは現在のガソリン車が販売ができなくなるというのは知っていると思います。

 なぜ?そうなるのかと言いますといわゆるco2(二酸化炭素を減らす)を出すのをなくすためです。地球温暖化のため。日本より外国(ヨーロッパ・アメリカで段階的にガソリン車・ディーゼル車の販売を禁止していく様ですね(イギリスではハイブリッド車も販売を2035年までに対象になる様です)

 この風潮はいずれは全世界に広がるでしょうが、一部の国はそれに当てはまらないと思います。どこの国?例えば極寒の国とか、電気設備が整っていない国などが完全には電気自動車には対応は難しいでしょうね。

 それに、今売られてる車も完全にはなくならないと思います(中古自動車とか現に所有をしている車など)メンテなどをして乗る方もいらっしゃると思いますので、その辺りもあるでしょうし、電気自動車の新車を買い、現に乗っている廃車にすると相当な数のガソリン車などが浮いてきて、それが果たしてリサイクル可能か?さらに環境問題になりかねないか?とも個人的には思います。

 簡単にネぇ〜〜〜、脱ガソリン車とは言いますが、クルマというのはそれにまつわるいろんな人がと職種が関わります。実際のところは簡単には業界は変化をするとは思いませんが・・・でも、実際に販売をし、現状のガソリン車などを廃止をしていけばあっという間に車業界の変化がでて来るのでしょうね。

地球環境にはいいですが、その前に各国々のco2の排出量も減らしていかなければならないと思いますが????

では、今日は日曜日おやすみの方も多いとお思います。ゆっくりと休んでください。いつも読んで頂きありがとうございます。清き一票をよろしくお願いします。




posted by カメ吉 at 09:58| 大阪 ☁| Comment(0) | 車&カー用品(スクーター) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月15日

私の長男坊も、昨日なんですが、

バイクを購入しました。

 車種選びの時はほぼ決まってはいたのですが、時間が経つにつれてあれや、これやと次々に物色をし、そうしてくると挙句のはてに「欲しいバイクがない」と言い出す始末。私は同じ金を出すのであれば(中古車を選んでいた様です)「新車を買え」とは言っていたのですが、本人は今一歩だった様です。

 で、色々と迷った結果HondaさんのCB400に決めました。私は最初大型を買うのかな?とも思っていましたが、予想に反して中型でした(まあ、あんまり維持費も変わらないとは思います。ただ、車種によりけりでしょう)

 昨日到着し、任意保険をかけ(年齢が若いと保険料も高いですね)約93,000円ほどでしたビックリ仰天玉手箱😲です。今日から普通通りに乗れます。私も任意保険がかかっていない間は「乗るな!」と伝えていましたので(大きな人身事故を起こしたら自賠責では無理ですから)本人もわかっていた様で、昨日は乗っていませんでした。

 これから、楽しく運転をするのでしょうから、無事故・無違反で運転をし、バイクの楽しさを知ってもらいたいです。また、私のNMAXと一緒の画像もアップします。

 ちなみに、私のNMAX距離が10,000kmを超えました。手元に来てから900km走りましたが、今のところノントラブルです。

では、今日も頑張っていきましょう

いつも読んで頂き誠にありがとうございます。応援のほどよろしくお願いします。







posted by カメ吉 at 09:46| 大阪 ☁| Comment(0) | 車&カー用品(スクーター) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月07日

今日は2時間ほど、NMAXを走らせてきました。

購入して以来、通勤に使っていましたので、初めて2時間ほど155ccのスクーターはどのようなものか?ということで付き合ってみました。

 50ccでは、法定速度は30kmです。それ以上は出せません(場所によっては二段階右折・高速道は走れず・ただ、ファミリーバイク保険が適用されるので保険料は車の保険が使えます)

 私が所有をしてます、155は分類としては軽二輪に該当します。速度に関しましては、一般道での最高速度60km
高速道路では100kmです。必要な免許は普通二輪なりますので、当然の如く保険も高くなります。

 ざっとこのような感じになります(細かい部分は割愛をしています)で、触りはこのくらいにして、本題に行きます。不思議なもので原付を乗っている時はちょっとした遠出は全然考えなかったのですが、排気量が大きくなると意外と走らせるものですね。

IMG_4089.HEIC.jpeg

 ルートとしては、一般道を走りそこより山道を走って行ったコースです。当然の如く原付とは違い(原付を乗っていたのが長かったのでそれとの比較になります)速度域が一般道で20km〜30km高いということです。そうなれば直線よりコーナーを曲がる時の危険度が増すということです。

 一番ビックリ😲したのは結構なタイトなコーナーを曲がる時に安易に曲がるだろうと思い込みブレーキをかけるのが遅い!左コーナーを曲がるより、右コーナーを曲がる時にどうしても、右車線に入り込んでしまうということです(大きく曲がるコーナーより細かく曲がるコーナーです)

 どちらも非常に危ないと思いました。それと路面がドライの部分であればある程度タイヤが踏ん張ってくれるのですが、路面が濡れていてマンホールの上に乗った時でした、案の定滑りかけました。頭では分かってはいたのですが、いざ、その場所に来ると「ヤバイ!」と思いました。けど、速度が上がれば間違いなく滑るでしょう。

 車なら4輪が踏ん張ってくれますので何とかなりますがバイクはそうは行きません。二輪しかありませんので踏ん張る以前の問題です。
私もまだ、通勤にほぼ直線道路がメインで使っていますので、タイトなコーナーを曲がるという経験があまりありません。今回は出発をした時は晴れ☀️帰りは雨☔️でしたので、帰りが非常にコーナーが走りずらかったのがわかりました。

時間も来ましたので、また、この続きは書きます。




posted by カメ吉 at 23:07| 大阪 ☀| Comment(0) | 車&カー用品(スクーター) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする